【スポンサーリンク】

吉本興業問題で松本人志に意見…「忖度しない」加藤浩次に驚きと感心の声 

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が22日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」に出演。反社会的勢力の闇営業で金銭の授受があった問題で雨上がり決死隊の宮迫博之(49)、謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日に都内で行った謝罪会見について思いを語った。


 加藤は2人の会見で明かされた同社・岡本昭彦社長の「パワハラ発言」に怒りを爆発させた。「僕が辞めてもいいから会見させてほしい」と訴えた亮に対し、「やってもいいけど、全員連帯責任でクビにする」と圧力をかけたこと、さらに吉本側から「引退か契約解除か」と迫ったことについて言及。「怒りでしかない。なんで2択しかないの。会社も一緒に『お金をもらっていました』と言おうって言えたと思う。会社のいいように答えろよと要求されている。おぞましいな。こんな会社あんのか!」と激怒した。

 

 さらに、「岡本さん(社長)を知っているけど、そういうことをする人です。若い人に(高圧的に)しているのを見たことがある。それでも、こんな時には助けてくれる人だと思っていたけど、そのまんまだった」と語気を強めると、「若手は会長、社長を怖がっている。そんなんで楽しい笑いができるのか。そんな状態がずっと続いてきた。みんな我慢してきた。取締役が変わらないなら俺は辞める。経営陣が変わらないなら俺は辞める」と衝撃発言をした。

 

 また、加藤は前日21日に事務所の先輩のダウンタウン・松本人志(55)がフジテレビ系情報番組「ワイドナショー」で「(会長の)大崎さんが辞めるんだったら僕も辞める」と発言したことについても触れた。「大先輩に対して意見を言うのはおこがましい」と前置きした上で、「(大崎会長は)松本さんとずっとやってきて同志だと思う。その気持ちはすごくわかる。でも松本さん!僕は後輩ながら言わしていただきますけど、会社のトップなんです。みんなつらい思いをしていて、トップが責任取れない会社って機能してるのかなと思うんです」と訴えた。

 

 番組を見た視聴者からはネット上で加藤の一連の発言を称賛する声が多い。特に他の芸人やコメンテーターが言及しない松本の発言に対して勇気を持って発言したことに、「まっちゃんにもモノを申した時に加藤浩次という男は本当に凄いと思った」、「番組見てて会長の話になったとき、『言っちゃった~!』って思った。昨日のワイドナショーも見てたから、どうなるのかなと。ただ、加藤も松本の発言を踏まえた上での会社への訴えということが分かり、凄い関心した」、「昨日の松本さん、東野さんの大崎さん擁護の意見でモヤッとしてたので、加藤さん春菜さんの意見ですっきりした。恩があるから、と感謝してても言うべきことは言うという加藤さんはすごい。松本さんとの関係みても、しがらみだらけだろうが、さすが。SMAPの圧力のことも報道前からゆってのを思い出した。番組名そのものすっきり、すかっとした」と驚きと感心の声が目立った。

f:id:imp0201:20190722105429j:plain

 一方で違う見方も。「加藤さんはもう少し冷静に意見述べてほしかったなぁ。山本さんの件で大崎さんには良い印象がないのでしょうが、暴言をはいた岡本社長にではなく、会長に対して公共の電波であそこまで言うか、と思ってしまった。スッキリを私的利用してませんか?会長や社長の処遇は加藤さんが意見出来るものでは無いと思います。それに会長が変わったから会社の体質が変わるわけではないですし」と疑問を呈する指摘もあった。吉本興業の立て直しへ方向性や意見の相違はあるかもしれないが、加藤も松本も会社を思う熱い気持ちは共通する。芸人たちが危機感を感じている状況を経営陣は受け止めなければいけない。