【スポンサーリンク】

片岡篤史氏がコロナ感染 衝撃の映像に、「ある疑問」の声が

 日本ハム、阪神タイガースで活躍した野球評論家の片岡篤史氏(50)が14日夜、自身のYouTubeチャンネルで新型コロナウイルスに感染していることを明らかにし、大きな反響を呼んでいる。

 

 ショッキングな映像だった。片岡氏は病院のベッドと見られる場所で鼻にチューブを付けて辛そうな様子だった。「8日にから入院しています」と明かし、「皆さんに見てもらっている動画はストックしていたものであって、動画が更新されなくなったらストックしている動画が無くなったと思ってください。今コロナで世の中が大変なことになっていますので、皆様も今まで以上に十分、予防していただいて、感染されないようにして下さい」と途切れ途切れに語りかけた。映像の最後に「必ず復帰します! 待っていて下さい。」とのメッセージが映し出された。

 

 ネット上では「正直、かなりしんどそうにお話しされている事にコロナウイルスの怖さを再認識出来ました。体を張った投稿に感謝すると共に早期の回復をお祈りします」、「絶対元気になって帰ってきて下さい。凄まじい記憶力、優しい笑顔、その辺の芸人よりテンポのいい掛け合い、コメント力と、レジェンドからコメントを引き出す話術…大好きです。頑張って打ち勝ちましょう。必ず戻って来て下さい。元気な姿を見られる日を待っています」など片岡氏の回復を祈るメッセージが殺到。

f:id:imp0201:20200323105711j:plain

 一方で、「片岡さんもYouTuberとして活動しているし、このご時世だから細心の注意を払って生活を送っていたでしょう。なぜ感染してしまったのか、その経路を知りたい」、「片岡さん、鍛えていたし体も大きかったのでなぜ?という思い。ただYouTubeで変な咳をたまにしていたので今思えばそこが気になる。いつ頃から体調に異変を感じたのかな。あと感染経路も気になります。タバコを吸っていたのか、何か持病を持っていたのかなどもどうだったのだろう」と疑問の書き込みも見られた。