【スポンサーリンク】

ベビーシッターの男が女児に性犯罪で、「お笑いタレント」の発言に怒りの声が

 お笑いコンビ・EXITの兼近大樹(29)が21日、フジテレビ系情報ワイドショー番組「ワイドナショー」に出演し、ベビーシッターの性犯罪についてコメントした。

 

 マッチングアプリを通じて利用したベビーシッターの男が、女児にわいせつな行為をしていた事件で、アプリの運営会社「キッズライン」が男性シッターの活動停止を発表していた。兼近も「キッズライン」に登録してシッターをやっていた過去があり、「困ってる人たちに低コストで全ての人が使えるようなベビーシッターを広げていこうということがステキだなと思って、子供が好きっていうのもあってやらせてもらってた」と告白した。

 

 その上で、事件後に「キッズライン」が批判を受けたことには憤慨。「賃金が低いから、能力に見合った人が入ってこないんじゃないかとか言われてるんですけど、ベビーシッターを広めたいから始めたことであって、会社を批判とか否定的な意見はすごい不思議。性犯罪をした犯人が責められるべき。会社のルールよりは性犯罪を繰り返してしまった法律の方が問題、チップを埋め込むとかそっちの方に批判が行くべき」と訴えた。

 

 さらに、ベビーシッターの業界で男性蔑視がある背景を説明し、「その中で男性利用停止。世の中の人の声でそうなったので、それは責められないですけど、これでこの先、男性がこういう仕事をできなくなっていくとか、ベビーシッターでだれかを救うっていうのがすたれていくっていうのはマジぴえん(悲しい)です」とギャル語を交えつつも真剣な表情で主張した。

 

 ネット上では、「ベビーシッターに限らず、学校の先生にしても、その人の性的思考は分かりにくい。たまたまそう言う人が紛れていただけだよね。そう言う人は二度とそう言う関係の仕事には付けないように、情報共有が大事だよね」、「こうやって、幼児教育に直接携わる現場には男性が就職しづらくなり、女性の仕事=低賃金のまま。悪循環。保育現場に、せっかく志のある男性職員が増えてきていたのに、こういう事件のせいで新規では取らない傾向があります」と兼近の意見に共感するコメントが。

f:id:imp0201:20200623071231j:plain

 一方で、「過去に売春あっせんで逮捕歴がある人に言われても何も響かない。そもそもどの立場でコメントしているのか?この男もそうだけど、兼近のような前科歴のある人間にベビーシッターをお願いしたいという人がいるのだろうか。罪を憎まずとは言うけど、私は無理」、「兼近はどの立場で発言しているのかわからない。渡部の不倫や宮迫の闇営業よりこいつの売春斡旋の方がずっと極秘で非道な犯罪だと思う。なぜ世間で叩かれないのか不思議で仕方ない」と不快感を露わにする書き込みも少なくなかった。