【スポンサーリンク】

神田うのが産休、育休繰り返した元NHK青山アナ擁護も逆炎上した理由とは

 タレントの神田うのが16日に自身のブログを更新。元NHKアナウンサーの青山祐子さんとの写真をアップし、「産休中はずっとNHKからお給料や産休手当などは一切頂いておらず無給で在籍だけしていました。それなのにいつまで産休を取り続けるんだ⁉とか産休中にバースデーパーティーを開いて⁉とか色々言われてしまって何故彼女がそんな事を言われなければいけないの⁉(産休中にお給料を頂いていたりしているなら言われても仕方がないのかも知れませんが)と凄く厭わしい思いでした」と産休と育休を繰り返した青山さんを擁護した。
 

 青山さんは11年に会社役員の男性と結婚し、12年3月に長男、13年6月に第2子の長女、15年7月に第3子次男、17年春に第4子次女を出産。約5年で4人を出産したことで話題となった。今年3月に退局したが、約5年の間テレビには出演せず育休を取得していたことから、ネットでは非難の声が上がっていた。

 

 神田は4人の子育てに奮闘している青山さんについて、「今この国にとって1番必要な『子供』を産み育て頑張っている彼女に私は本当に尊敬しかありません。自分の事は後回しに(しかも誰にも迷惑はかけていない)日本の未来の為に子育てして頑張っている女性を応援するではなく批判する社会が本当におかしいととても残念に思います」と訴え、「これだけ能力の高い素晴らしい女性ですのでまた時が経てばいくらでも仕事は出来ると思います」とつづった。

 

 ネット上では、青山アナを擁護した神田のブログに批判の声が多い。「青山さんは働く人としての当然の権利を行使しただけかもしれないが、ここでうのさんが出てきて反論するのは、ちょっとスジが違うと思う。言いたい事があるなら青山さんご自身が釈明すればいい話。NHKが『皆さまの受信料』で成り立っている以上、他人のインスタとはいえ育休中のセレブ贅沢三昧の行動を世間に晒せば、批判を受けるのは仕方ないように思う」、「自分は友達のためにって正義感からかもしれないけど、反感を買いやすい人が言うと逆効果なんじゃないかな…あと、在籍したままという事は、その間は人事異動も考慮されるだろうし、他の人も育休を取り辛いっていう側面もあったと思う。育てる事は立派だけど、そこら辺も考慮に入れた方が良かったかもしれないですね」など神田の主張に疑問を呈する意見が目立った。

f:id:imp0201:20190610211341j:plain

 一方で、「育休中は無給です。神田さんは『給料もらっていたのに育休終わったら退職は給料泥棒』であるかのような、無知から来る非難に対してきちんと説明をしてくれています。雇用保険のことを言う方もいますが、その非難も当たりません。会社負担もあるでしょうが、産休、育休中の手当は互助会、共済組合などの組織から支払われるもので、自分が掛け金、加入費を納めた中から支払われるものです。加盟者は当然受け取る権利があります。雇用保険などに会社負担の部分があろうと掛け金を納めていれば、受け取るのは当然の権利です。会社負担分も自分の労働の結果生じた、本来給与として支払われるべき会社の利益の一部ですから、手当を受け取るのは当然です。それまで納めた掛け金に対する手当です。納めた分を受け取ることに、何の問題もありません。それに一部の無知なうえに、神田さんだから非難する、人を見て態度を変えるかのような書き込みこそ、恥ずべき事です」と、神田への批判を的外れと指摘する書き込みもみられた。