【スポンサーリンク】

政府支給の10万円申請書巡り、「ある女子アナ」の発言に反発の声が

 元NHKのフリーアナウンサーの神田愛花が21日、TBS系情報ワイドショー番組「グッとラック!」に出演。政府から支給される10万円の申請書が世帯主宛てに来るとされていることに疑問を呈した発言が、大きな反響を呼んでいる。

 

 番組内で神田は「世帯主が代表でっていうのが気がかりで。家庭の事情で夫婦でお財布が別々だったりするので、可能であれば個人個人で申請できたり、通帳に振り込まれたりするのが希望」と語った。

 

 申請書が世帯主に一括で送られることには、DV被害や虐待などで自宅から離れて暮らしている人などには行き渡らないのではないか、という懸念も示されている。

 

 ネット上では、「夫婦がお財布が別々だったらって言っているけど、そんな個人の事情を考慮していたらいつまで経っても現金交付できない。世帯主が代表して手続きしたほうが事務も省けるし、地方公共団体も助かるのではないか。マイナンバーが機能しているとか、小切手ですれば別だが」、「一緒に住んでいても夫婦で財布が別々なら、10万円を貰った世帯主から10万円を渡してもらえよ。それができない夫婦なら関係も終わりだろ」など神田の発言に批判の声が。

f:id:imp0201:20200421150804j:plain

 一方で、「DV被害や別居じゃなくても、モラハラ旦那や舅の独り占めがかなりあると思う。実際友人も子供手当をずっと夫の店の運転資金に使われ続けたって言ってたし。特に子供の分の給付なんて貯蓄と言う名の搾取にされそう。このニュースを聞いた時、泣き寝入りするしかない嫁がたくさんいるんだろうな…って思った」と心配のコメントも見られた。