【スポンサーリンク】

安倍首相辞任後の日韓関係 韓国外交部長官の「ある発言」に怒りの声が

 韓国紙・中央日報が1日、韓国外交部の康京和長官が日本の安倍晋三首相の辞任後の韓日関係改善の見通しに対して言及した発言を報じ、大きな反響を呼んでいる。

 

 同紙によると、康長官は8月31日に国会外交統一委員会に出席し、「いつでも(韓日関係改善に対する)期待値は持つことができると考えるが、もう少し実質的に、現実的な見通しをすべき」と発言。また、「今後の日本のリーダーシップ(指導力)構成過程がどのように進められるか綿密に動向を注視し、現地公館とも緊密に協議するだろう。外交部は厳しい状況だが外交当局間の協議を通じて問題を解決していくという意志をこれまで持っており、今後さらに強い意志を持って日本との外交を推進していくだろう」と付け加えた。

f:id:imp0201:20200819200257j:plain

 康長官の一連の発言にネット上では、「康ならではの勘違いというか思い違いですね。ムンとカンの2人のコンボが日韓関係にどれだけ悪影響を及ぼしているかわかってないな。韓国人らしく自分は正しいと決めているから世界で揉め事も多発するのに。NZの件を見てもそうじゃないか。少しでも客観的に事実に基づく発言をしてもらいたいものだ」、「日韓関係が悪いのは 日本が問題だ、と言っているうちは関係修復は困難自国が国家間の約束を簡単に破り、告げ口やいやがらせ外交を行っている事を自覚して、日本を敵視する事を改めない事こそ主因ですよ」など反発の声が目立った。