【スポンサーリンク】

かくれんぼ中に中1女子わいせつ容疑で29歳男逮捕 被害者の行動に疑問の声が

 大手メディアによると、大阪府警捜査1課は6日、中学1年の女子生徒2人をかくれんぼに誘い、遊んでいる最中に体を触ったとして大阪市東住吉区桑津の無職、山田雄基容疑者(29)を強制わいせつの疑いで逮捕、送検したことを発表した。山田容疑者は「まったく身に覚えがない」と容疑を否認しているという。

 調べによると、山田容疑者は4月9日午後4時15分~6時10分ごろ、大阪府内の公園で初対面の女子生徒に声を掛け、一緒にかくれんぼをしていた時に背後から抱きついたり胸を触ったりした疑い。女子生徒の1人が母親に相談して事件が発覚。周辺の防犯カメラの映像などから山田容疑者が浮上した。府警が指名手配して行方を捜していたところ、名古屋市内の路上で愛知県警の警察官が発見し、今月4日に府警が逮捕した。

f:id:imp0201:20190607012212j:plain

  ネット上では「手配されていたからとはいえ…この犯人を名古屋で見付けた警察官、すごいぞ」と事件現場の大阪から離れた名古屋での逮捕劇に感心する声が多い。一方で、「中学生に『かくれんぼ』しようと声をかけた犯人も犯人だが、それに応じた中学生も如何なものだろうか」、「29才と中1がかくれんぼすることがそもそも不思議」と被害に遭った女性生徒2人の行動に疑問の声が。初対面だった山田容疑者のかくれんぼの誘いになぜ応じたかの経緯が気になるところだ。自分の身は自分で守るためにも、知らない人の誘いに乗らないことは徹底した方が良いだろう。