【スポンサーリンク】

未解決の加古川女児殺害から12年 「美咲ちゃん行方不明」とある共通点の声が

 兵庫県加古川市で当時7歳の鵜瀬柚希ちゃんが殺害された事件は16日、未解決のまま12年を迎えた。柚希ちゃんの親族と兵庫県警の警察官はこの日、情報提供を求めてJR加古川駅前でビラを配った。母親(39)は「娘に会いたくてたまらない。犯人には罪をつぐなってほしい」と報道陣に語った。

 

 事件は07年10月16日午後6時すぎに発生。同町新野辺周辺の公園から帰宅した柚希ちゃんが、自宅の玄関付近で何者かに腹部などを刃物で刺されて亡くなった。メディア報道によると、捜査本部は延べ約4万2000人の捜査員を投入したが物証や目撃証言が乏しく、捜査は難航。犯人は今も逮捕されていない。
 
 ネット上では、「今更ながらだけど、初動捜査が足りなかったのではないだろうか。当時、仕事で近くを毎日朝夕通っていましたが1度も検問なり、職質なり又はしている現場を目撃したことがなかったです。誰かが安易に考えていたのかもしれないです」、「山梨のキャンプ場で行方不明になった小倉美咲ちゃんもそうだけど、初動捜査に疑問があると思う。警察は一生懸命やっているんだろうけど…」と指摘の声が。柚希ちゃんの親族、携わった人たちの悲しみは何年たっても深いままだろう。1日も早い犯人確保を望むばかりだ。

f:id:imp0201:20190912181041j:plain

 情報提供は兵庫県加古川警察署へ。電話番号079-427-0110