【スポンサーリンク】

コンビニ置き引きで中学教諭を逮捕 バッグに入った「金額」に驚きの声が

 コンビニエンスストアで現金100万円が入ったバッグを置き引きしたとして、愛知県警中署は名古屋市熱田区神野町1丁目、私立中学校教諭、伊藤慎悟容疑者(39)が窃盗で現行犯逮捕された。

 

 メディア報道によると、伊藤容疑者は21日午後5時50分ごろ、名古屋市中区のコンビニ店内のイートインスペースで、同市中区の男性店員(21)がショルダーバッグ(現金約100万円入り)を置いて席を離れた間に盗んだ疑い。男性がコンビニの近くでバッグを持った伊藤容疑者を発見。伊藤容疑者は当初「店の外に落ちていた」と否定したが、男性が問い詰めると認めたという。

 

 ネット上では、「学校の先生が何やってるの…。盗んでバレないわけがない。浅はかすぎる」、「目先の欲望で行動して取り返しのないことになったね。先生って言う安定した職で子供を教える立場なのに。教職者、1人の人間として情けない」など批判の声が。

f:id:imp0201:20200811202758j:plain

一方で、「21歳の店員はおそらく会社の金100万円を持っていたんだろうけど、それでよくコンビニのイートインに放置したまま席を離れられるな。盗んだ人が一番悪いとはいえ、これは後で上司にこっぴどく叱られるパターン」、「凄いね!百万入ったバッグ置いとくとか!そんなに余裕で置いといても大丈夫と思ったのかな?普通はそんな大金入ったのは肌身放さないはずだけどね!仮に犯人が割り出せなかったら、警察官にとられた人はキレて発狂してるか、絶句してるかのどっちかだよね!これを気に手提げ鞄や手提げバックにして肌身放さずにしないとまた同じ事繰り返すよ」というコメントも見られた。