【スポンサーリンク】

15歳女子中学生と淫行の疑いで26歳消防署員逮捕 「男だけが悪い?」と疑問の声も

 北広島市消防署救急課の技師・花田彬弘容疑者(26)が中学3年生の女子生徒(15)と淫らな行為をした疑いで逮捕された。メディア報道などによると、花田容疑者は6月25日に名寄市内のホテルで、インターネットを通じて知り合った女子生徒と淫らな行為をした疑い。警察の調べに対して容疑を認めているという。

 ネット上では、被害を受けた女子生徒の非を指摘する声が多い。「毎回こういう事件で思うのは、男側の方だけが悪い?ということ。未成年でこういうことする女の子、どうかと思う。もっと自分を大切にしてほしい」、「合意ならいいじゃん。誰が被害者なんだこれ?被害者は存在するの?女子中学生も同意でやっているのにね」と逮捕に疑問を呈する意見が。「女子中学生の側も厳罰を望む!」という要望もあった。

f:id:imp0201:20190719014224j:plain

 一方で、「男と女の問題じゃなくて、大人が子供に、の問題。同意があろうがなかろうが、大人なら子供がこういうことしていたら注意しなければいけないのでは?」と、花田容疑者と女子生徒が同意していれば不問という主張に異論も。女子生徒は心に大きな傷を負ったかもしれないが、自身の行動を振り返った時に猛省しなければいけない点もあるだろう。