【スポンサーリンク】

妻の連れ子の3歳男児殴って意識不明 逮捕された男の「職業」に大きな反響が

 妻の連れ子の3歳の男児を殴りケガをさせた疑いで、福岡県中間市中鶴のとび職・末益涼雅容疑者(23)が傷害の疑いで逮捕された。男児は意識不明の重体。

 

 各メディア報道によると、末益容疑者は15日夜、自宅で妻の連れ子の男児の頭を拳で何度も殴るなどした疑い。男児がぐったりとして呼びかけに応じなくなったことから、病院に搬送されたが、意識不明の重体となっている。男児に複数のあざがあったため、病院が虐待の可能性があると警察に通報し、事件が発覚した。末益容疑者は「寝る時間になっても言うことを聞かず、腹が立って殴った」と供述しているという。

 

 ネット上では「3歳なんだから寝るときグズってしまう事だってある。ましてや今はコロナ渦中で出かけることも出来ず日中家でお昼寝することも多い。子供を叩いて寝るわけがない!!どうして分からないかな?」、「殴るなんて生優しいもんじゃないでしょ。殺人の一歩手前。お母さんにとって子供が足かせだと思ったことはないのかな?男ありきの人生なんて酷いよ」などのコメントが。

f:id:imp0201:20200709175315j:plain

 また、「職業に貴賎はないと言うけど、大体この手の加害者は『とび』『塗装工』『土木作業員』『無職』。男の子の意識が回復して、後遺症もなく今後幸せな生活ができますように」、「とび職の人間だけど、こういう男がいるから迷惑している。自分もバツイチで連れ子がいるけど殴るなんて信じられないし、自分の子供だと思って愛情を注いでいるつもり。やっていることは傷害でなく、殺人未遂なので重罰に処してほしい」などのコメントが見られた。