【スポンサーリンク】

クリケットに転身した元DeNA・山本武白志の知られざる素顔とは  

 「J.T. STRENGTH & CONDITIONING」の代表取締役社長として活動しているJ.T.(高橋純一)と申します。今回はクリケットに転身した元DeNAの山本武白志選手についてお話しさせて頂きます。

 

 DeNAでファーム担当のトレーナーとして在籍していた時に、育成枠で入団してきたのが武白志選手でした。1年間一緒にやって感じたことは、心の芯の強さです。高校ではスラッガーとして活躍しましたが、プロに入団後はファームで思うような結果が出せませんでした。まだ若い高卒の選手たちは感情のセルフコントロールができず、結果に一喜一憂して心の浮き沈みが激しいことが珍しくありませんが、彼は違いました。結果が出なくて悔しい思いは多々あったと思いますが、それを表に出しません。気持ちがブレず黙々と努力する。私がDeNAを退団後も、彼の人間性が大好きで定期的に連絡を取り合っていました。

 

 ご両親から愛情を注がれた家庭環境も大きかったと思います。父は巨人、ロッテでご活躍され、ロッテで監督も務めた山本功児さん。武白志選手はお父さんに対する敬意の念が深く理想の親子関係でした。ロッテ戦では小さい頃に会った福浦和也選手などに必ずあいさつに出向いていました。周囲の人に支えられる自覚があるので義理人情に厚い。小さなころから大人と接する機会が多かった環境も人格形成に影響しているかもしれません。決して多弁ではないのですがどっしりしていて、人を惹きつける不思議な魅力がありました。

f:id:imp0201:20190524191237j:plain

  プロ野球の世界では結果が残せませんでしたが、まだ21歳。クリケットという新たな環境に挑戦したこと自体が成功だと思います。彼に携わった人間は皆応援しています。世界の舞台で活躍してほしいですね。