【スポンサーリンク】

高校野球が夏の甲子園中止で、忘れられている「重要な観点」とは

 「株式会社J.T. STRENGTH & CONDITIONING」の代表取締役社長として活動しているJ.T.(高橋純一)と申します。今回は高校野球の「夏の甲子園」が中止になったことについて、お話させていただきます。

 

 日本高野連は5月20日、今夏の第102回全国高等学校野球選手権大会と代表校を決める各地方大会の中止を発表しました。新型コロナウイルスの感染は収束に向かっていますが、まだまだ予断を許さない状況が続いています。日本高野連も苦渋の末の決断だったと思います。

 

 私が大きなショックを受けたのは地方大会の中止が決まったことです。甲子園が高校野球の象徴というイメージが強いため意外に感じられるかもしれませんが、地方大会に出場する学校は甲子園を本気で目指している高校だけではありません。これは決して子供たちが本気で取り組んでいないというわけではなく、野球に真摯に打ち込んだ上で「ベスト8」、「1回戦突破」と目標を掲げているのです。決して志が低いのではなく、自分の最大限の力を発揮し、チーム力を考えた上で臨む大きな挑戦なのです。

 

 甲子園に出場することはもちろん凄いことです。ただ、甲子園で優勝する1校をのぞき、他のすべての学校はいつか敗れます。それが甲子園の決勝戦かもしれないし、地方大会の1回戦かもしれない。ただこの「負ける」という事実が非常に重要だと思います。グラウンドで完全燃焼した選手がいれば、消化不良で終わってしまう選手もいる。ベンチ入りできずスタンドで応援して、「このまま終わりたくない」と悔しさを発奮材料に新たなステージで野球を続ける部員もいるかもしれません。子供たち一人一人に高校3年間のストーリーがあります。ただ地方大会がなくなり、公式戦が開催されないまま野球を終えてしまうと、この喜怒哀楽の感情を味わえず、思いをぶつけられないまま終わってしまいます。

f:id:imp0201:20200525115131j:plain

 甲子園、地方大会と規模は関係なく、野球で自己表現してチームメートや監督、コーチ、親に感謝の気持ちを伝えたい子供はたくさんいると思います。厳しい状況かもしれませんが、秋でも冬でもいいので各都道府県単位で高校生たちがプレーできる大会を開催してほしいです。高校で野球を辞めてしまう子も多いと思います。「野球をやってよかった」、「野球部に入って良かった」と思えるような瞬間を作っていただくことを切に祈っています。

高橋純一(たかはし・じゅんいち)  1976年8月18日、神奈川県横浜市生まれの43歳。MLBサンディエゴパドレスで通訳兼コンディショニング補佐を務めた後、千葉ロッテマリーンズ、ヤクルトスワローズ、DeNAベイスターズファーム等でチーフトレーナーとして活動。17年より独立。幅広いストレングス&コンディショニング領域をアレンジ、シンプル化させ、「俺、最高。」「やってみるをかなえる。」をキーワードに老若男女問わず、自分の肉体の可能性を高め、向上していくサポートを行う。コーポレートコンディショニングという企業のトレーニング意識を変えるコーチングも担う。 J.T. STRENGTH & CONDITIONING コーポレートサイト(http://www.jt-sc.com)