【スポンサーリンク】

クリケット転身の山本武白志が豪州に武者修行へ 肉体も「クリケット仕様」に

 「J.T. STRENGTH & CONDITIONING」の代表取締役社長として活動しているJ.T.(高橋純一)と申します。今回は豪州で武者修行している元DeNAのクリケット選手・山本武白志選手についてお話しさせて頂きます。

 

 先月26日に、武白志選手が豪州のブリスベンに出発しました。クラブチームに入団し、プロ契約を勝ち取ることが目標です。まだクリケットを初めて1年も経っていないですがこの行動力に、尊敬の念を抱きます。出発前には武白志選手、トレーナーで僕のアシスタントをしている伊東健太郎と壮行会を開きました。挑戦する喜びにみなぎっている顔を見るとこちらもうれしくなります。成功するまでは日本に帰ってくるつもりはないようなので覚悟は相当のものだと感じました。

 

 個人的にも武白志選手は海外向きのプレーヤーだと思います。DeNAでプレーしていた時にトレーナーで携わりましたが、自分の芯をしっかり持っている。周りに流されず自分のペースを崩さない性格なので、多くの想定外の事態が起こる海外でもたくましく生活できると思います。また、体も「クリケット仕様」になってきました。6月から3か月間、彼のトレーニングメニューをサポートしてきましたが、ウエートトレーニングや走り込みなど大きな筋肉の強化に重点を置いていたDeNA時代と一転し、体のさばきや体の軸を意識した動きを磨こうと取り組んできました。出発前に動きを見ましたが、股関節を中心に体の柔軟性が増して、動かす筋肉の部位が増えたように感じます。走り方も良くなり、こちらの予測していた以上に成長していました。

f:id:imp0201:20191010180128j:plain

山本が豪州に出発前に壮行会を開催。左からJ.T.氏、山本、伊東トレーナー

 豪州ではグラウンド内外で挫折を味わうこともあると思いますが、そのハードルを乗り越える強さを持っていると思います。個人的な話になりますが、彼がDeNAを退団した昨オフに「ありがとうございました」とわざわざ電話をよこしてくれた時に、恩返しをしたいと強く感じていました。豪州でプロ選手として活躍するという夢を叶えるために、今後も微力ですが全力でサポートしたいと思います。皆さんも武白志選手の挑戦を応援していただけるとありがたいですね。