【スポンサーリンク】

ジャニーズ事務所 元SMAPへの圧力報道否定にネット上の反応は

 ジャニーズ事務所は17日深夜、SMAPの元メンバーで現在は同事務所を離れている稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾を出演させないようにテレビ局に圧力をかけたという報道を、公式サイトで否定した。

 この日夜、ジャニーズ事務所が民放テレビ局などに、SMAPの元メンバー3人に出演させないよう圧力をかけた疑いがあるとして、公正取引員会が同事務所を注意したとマスコミ数社が報じた。この報道を受けて、ジャニーズ事務所は公式サイトで声明を発表。「弊社が公正取引委員会より独占禁止法違反につながるおそれがあるとして注意を受けたとされる報道についてご報告申し上げます」と対応した上で、「弊社がテレビ局に圧力などをかけた事実はなく、公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして行政処分や警告を受けたものでもありません。とはいえ、このような当局の調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したいと思います」と発表した。

f:id:imp0201:20190718091320j:plain

 ネット上では「圧力があったとメディアが報じれば、ジャニーズ事務所は苦しい立場に追い込まれる。でも報じないのかな。各局のワイドショーとか報道姿勢に興味があるよね」、「いずれにしても問題なのはテレビ局だと思うよ。圧力があったのなら屈したのだし、なかったのなら過剰な忖度をしていたわけですから」、「公正取引委員会が注意したという事は、それなりの事があったと思われたからでしょう、事務所は否定するでしょうから。そろそろテレビ局側は本当のことを言った方がいいと思います」などの指摘が。SMAPの元メンバー3人を地上波で見たい視聴者は多いだろう。各局が積極的に起用するのかも注目される。