【スポンサーリンク】

淫行、わいせつ疑惑の韓国人YouTuberが全動画非公開 新たに驚きの告発も

 韓国人の人気YouTuber「留学生じん」が18日、チャンネルの全動画を非公開にしたことに説明を求める書き込みがSNSに殺到する騒動となっている。

 

 じんは日本で活動する韓国人YouTuber。日本と韓国の文化を発信し、愛妻家としても知られていた。日韓の友好の架け橋となる象徴的な存在として登録者数は14万人を超え、日本人のファンも多かった。

 

 ところが、今年6月にYouTubeで17歳女性と淫行したなどと告発され、9月にもじんのファンイベントに参加した人妻がわいせつ行為をされたことを「週刊FLASH」で告発。「コメント欄で批判の書き込みは削除されてブロックされる」と批判はさらに高まった。週刊FLASHの報道後もYouTubeへの動画投稿を続けていたが、18日にチャンネルの動画をすべて非公開にした。

f:id:imp0201:20190923174137j:plain

 じんはインスタグラム、ツイッターなどのSNSアカウントを全て削除。YouTubeのコメント欄も閉鎖した。この対応に説明を求める声がネット上で殺到している。ツイッターでは、「私も似たような事がありました。撮影に協力してほしいとの呼びかけに行ったまでは良かったのですが、帰りに私がタクシーに乗ったら、当たり前のように乗り込んできて、部屋に泊めてくれと言われました。もちろん断りましたが、コイツは常習犯だと確信しました」と女性から驚きの証言も。また、「私はあなたのチャンネルを見ていて、日本人が興味持つコンテンツを提供していたので、日韓の関係悪化の突破口というべき人物だと思っていた。 だが、あなたは疑惑を受けて動画をすべて削除した。 極端な行動を取る韓国人のマイナスイメージをそのまま体現してしまってどうする」と落胆の書き込みもみられた。