【スポンサーリンク】

わいせつ行為を告発された韓国人YouTuberが動画投稿…視聴者の反応は?

 40代の主婦からわいせつ行為を受けたと週刊誌で告発された韓国人YouTuber「留学生じん」が報道後、初めて動画を投稿した。

 

 総合週刊誌「スマートフラッシュ」が報じたところによると、関東近郊に住む40代の主婦が、じんと交流イベントで初めて会った帰りにキスをされたり、2度目に出会った時にじんが運転する車中でスカートの中に手を入れられて下着の上から下半身を触られるなどのわいせつ行為を受けたと訴えていた。

 

 じんが15日に投稿した動画タイトルは「グアムで日本人と韓国人が必ず行くお店はどんな感じ?不思議なものばかり!」。観光旅行で訪れたグアムのスーパーマーケット「K-mart」で妻のJちゃん、子供と買い物している様子をアップ。日本と韓国の菓子が同じ陳列棚に並んでいるのを見つけた際は、「お菓子の日韓交流」、「仲良くしようぜ」と笑顔だった。動画内で週刊誌の報道には言及しなかった。

f:id:imp0201:20190916111600j:plain

 コメント欄には、「ヤフー・ニュースでのことが事実じゃないならユーチューブで発信して反論すべきだと思います。一方的な報道は鵜呑みにしては危険だと思っていますので」、「私はあなたの韓国の情報で助けられた視聴者です。真実が異なるなら動画で話して欲しいと思います… でないと、勘違いされちゃうので! いつも応援しています!」など女性問題での説明を望む声が。一方で、「人間は乗り越えられない問題は無いそうです。その問題が大きいほどその人の器が大きいと思っています。乗り越えてください」、「じんさん、時を知り、時を待ちましょう…今に見ていろ精神で乗り切りましょうね!応援し続けます!私はじんさんの味方です!」と激励のメッセージも多かった。