【スポンサーリンク】

天皇陛下の祝賀晩餐会に、「衝撃を受けた」と中国で驚きの声が

 新型コロナウイルスの感染が世界各地に拡大している中、60歳の誕生日を迎えた天皇陛下の祝賀晩餐会が23日に催されたニュースを、中国の新浪新聞の微博アカウント頭条新聞が報じて大きな反響を呼んでいる。

 

 記事によると、23日に天皇陛下の祝賀晩餐会が催され、安倍首相ら470人余りが出席。天皇陛下は新型コロナウイルス感染拡大への憂慮とともに、東京五輪の予定通りの開催に期待を示したと伝えている。

f:id:imp0201:20200123110558j:plain

 中国のネットユーザーからは、「危険すぎる。天皇を観戦の危険にさらそうとしているのだから晩餐会を開くべきではなかった」「政界、最高裁、皇族、各界代表が470人……重要人物ばかりじゃないか」、「衝撃を受けた。武漢の二の舞になりたくないだろ。こんなに大人数が集まる会を開くべきではなかった」と晩餐会の開催に驚き、心配のコメントが目立った。