【スポンサーリンク】

武漢邦人の帰国に、韓国で「ある驚きの光景」が

 中国で「新型コロナウイルス」による肺炎の感染が拡大している件で、中国。武漢から日本人206人を乗せて出発したチャーター便が29日朝に東京羽田空港に到着した。

 

 厚生労働省や東京都によると12人が入院し、2人が肺炎と診断されたという、厚生労働省は新型コロナウイルスに感染していないか調べている。

f:id:imp0201:20200130111408j:plain

 韓国紙・中央日報は「帰国者が団体で入った勝浦市のホテル周辺で地域住民が反対運動をしたという話は聞こえてこなかった。テレビ朝日がこの日夜のメインニュースで伝えたホテル周辺の姿は非常に静かだった。政府の対応に対する不満もこの日だけはほとんど聞かれなかった。(中略)。韓国とは違ってあまりにも静かな日本の武漢国民輸送作戦初日だった」と報じた。韓国では青瓦台(大統領府)の国民請願掲示板では「中国人の入国禁止」を求める請願への賛同者が40万人を突破して大きな波紋を呼んでいる。韓国のネット上では、「日本は騒ぎにならずに冷静に対処している。見習うべき」、「中国人の入国禁止で騒いでいるが、日本ではそのような運動が起きていないのは驚くべきこと。今回もあまり騒ぎになっていないようだ」などの書き込みが。国民性の違いなのか、武漢からの邦人が帰国して検査を受ける一連の作業が粛々と進められたことに韓国では驚きの反応が多かった。