【スポンサーリンク】

韓国の植物園「慰安婦像に謝罪の安倍首相像」で、文大統領の対応に怒りの声が

 韓国北東部の「韓国自生植物園」が27日までに、慰安婦像にひざまずき謝罪する安倍晋三首相を模した像を園内に設置して物議を呼んでいる中、文在寅大統領の対応に怒りの声が上がっている。

 

 像は「永遠の贖罪」と題され8月に一般公開される予定で、像を作成した彫刻家は「安倍首相が(日本の朝鮮半島に対する)植民地支配や慰安婦問題への謝罪を避け逆の行動をしていることを刻み、反省を促す作品だ」と語っている。文大統領はこの騒動について、現在のところ公式に生命を出していない。この対応についてネット上では「なぜ文大統領は『像を撤去するべき』とか『日本政府に不快な思いをさせて申し訳ない』とか、コメントを出さないの?反日政府だからって最低限の常識やモラルがあるでしょ」、「文大統領は黙っていないで像を撤去すべきと命じるべき。日本政府が怒っていることを公式の場で発言しているんだよ?これで何も対応しないとかちょっと神経を疑うわ」など怒りの声が。

f:id:imp0201:20200601105413j:plain

 一方で、「何も言わないってことはこれでいいと認めているんでしょ。いいじゃない、その文在寅大統領のメッセージはしっかりと受け止めて、それに対してのしっかりとした対抗措置をとればいい」、「向こうの大統領が反日煽っているんだもん。一部の過激な論調じゃなくて全体的にそういう雰囲気なのでしょう。日本大使館前にもあるし、ソウル市のバスの中にも像あるでしょう。これを撤去しない限り、一部の問題として解釈するのは事態の矮小化でしょうそれこそ、日本で言うヘイトスピーチ法案みたいなものを韓国に要求すべきでは?」という指摘も見られた。