【スポンサーリンク】

「台湾に親しみ感じる」日本人の割合に、驚きの声が

 台北駐日経済文化代表処が日本人を対象に実施した台湾に対する意識調査によると、回答者の8割弱が台湾に親しみを感じ、6割以上が台湾は信頼できると答えたことが分かった。同処の公式ホームページやフェイスブックなどで発表された。日本全国の成人男女を対象に、昨年11月15~18日にインターネットで20~79歳の人に、同11月16~24日に電話で80~89歳の人に実施し、1000人から回答を得たという。

 

 台湾に「親しみを感じる」と回答した人は78.1%で過去最多。親しみを感じる理由で最も多かったのは「台湾人が親切、友好的」(77.6%)。他に、「歴史的に交流が長い」(46.0%)、「東日本大震災時に支援を行ったから」(36.2%)などが挙げられた。

 

 台湾を「信頼できる」とした人は63.1%。理由は「日本に友好的だから」(66.6%)を筆頭に、「自由・民主主義などの価値観を有している」(53.7%)、「平和な国だから」(49.4%)など。一方、「信頼できない」と答えた人は2.9%にとどまった。現在の台日関係については「良好」と認識している人が74.9%に達し、今後の展望についても57.8%が「発展する」と楽観的な見方を示した。

f:id:imp0201:20200112210940j:plain

 このニュースにネット上では、「日台の民間や自治体レベルでの交流が盛んになっていますよね。台湾について個人的に一番感動するのは、日本が災害に遭った時などに蔡総統が日本語で呼びかけてくれることです。理解し合える隣国とは相互に協力や助け合い、互いに発展していくことを祈っています」、「日本と台湾は双子の兄弟姉妹。東日本大震災の台湾の援助。一生忘れない。日台友好は過去も現在も1000年の未来も、永遠に変わることはありません!」 など台湾に好意的な書き込みが大部分を占めた。