【スポンサーリンク】

韓国人94%が安倍首相不信、日本人79%が文大統領不信に、中国で大きな反響が

 韓国言論振興財団が発刊したメディアイシュー「韓日葛藤に対する両国市民の認識調査」によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対する日本市民の信頼と、最近辞意を表明した安倍晋三首相に対する韓国市民の信頼は双方ともに非常に低かったことが判明した。今回の調査は韓日国民20~69歳を対象に実施され、最終回答者は韓国1000人、日本742人だという。

 

 同調査によると、韓国人で安倍氏を「信頼する」と答えた比率は0.9%のみで、「信頼しない」は93.7%。文氏について「信頼する」と答えた日本人は2.4%にとどまり、「信頼しない」は79.2%だった。

 

 また、両国市民はともに相手国とその国民に対する好感が非常に低い水準であることが現れた。日本人のうち「韓国に好感を持っている」と回答した比率は10.8%で、「好感を持っていない」は56.7%だった。韓国人で「日本に好感を持っている」と回答したのは15.0%で、「好感を持っていない」は64.2%だった。

f:id:imp0201:20200612212523j:plain

 このニュースは中国でも報じられ、ネット上では「日韓の溝は深いね。安倍首相が辞めたから改善されるものでもないと思う。菅氏も安倍首相のスタンスを継承するだろうし、さらに悪化する可能性もある」、「米国、日本、韓国で強固な同盟を結んでいるように見えて日本と韓国の関係は非常に悪い。中国が日本と韓国の間に立つ役割をすればいいのではないか」などのコメントが見られた。