【スポンサーリンク】

「傷害事件」で懲戒処分も…「勇気ある行為」と擁護の声が殺到

 陸上自衛隊は26日、女性隊員の体を触ったなどとして、第40普通科連隊(北九州市)所属の男性1尉(37)を停職4か月の懲戒処分にした。また、この行為をとがめて1尉を殴ったとして、別の部隊に所属する男性曹長(46)も停職1日の懲戒処分にしたことを発表した。

 

 陸自によると、1尉は昨年6月、埼玉県和光市内のカラオケ店で女性隊員の体を触り、注意した曹長を殴って左あごに全治10日間のけがを負わせた。曹長は1尉を殴って鼻の骨を折るなどのけがをさせたという。2人は傷害容疑で書類送検されたが、いずれも不起訴に。1尉は退職する意向を示している。

 

 ネット上では曹長が懲戒処分を受けたことに疑問の声が。「相手が先に手を出したのであれば、注意した曹長は正当防衛なんじゃないのかな?処分される理由がわからん」、「曹長の処分は不当。喧嘩両成敗というが、これは正当防衛だろう。自衛隊だからこそ、一尉の処分は厳罰に処すべきだ。これから自衛官を目指す女性たちのためにも、厳しい規律の維持のためにも」などの書き込みが見られた。

f:id:imp0201:20191127161115j:plain

 また、「年下とはいえ4階級も上の一尉に注意ができる曹長。普通に凄いと思う。殴ったことはまずいんだろうけど、悪いのはセクハラをした一尉だしね」、「曹長も処分というのは、普通の会社なら納得がいかないところ。ただ、自衛隊という武器を扱う組織においては、感情的に力をふるうこと自体が許されないという点で、形式的に処罰を下すこともしょうがないのかもしれないね。曹長さんはお疲れさまでした。評価はむしろ上がったと思います。停職1日を休暇だと思ってお過ごしください」、「曹長よくやった!普通に考えたら階級社会の自衛隊で、曹長が一尉を殴るとは考えられないが、不正を正したこの行為は当たり前と思います。幹部には勉強さえできればなれる。曹長は努力しないとなれない!」など曹長の行動を称える意見も目立った。