【スポンサーリンク】

韓国向けビール輸出99.9%減も…日本は「ある特需」でダメージなし?

 財務省が30日に発表した貿易統計の確報によると、9月の韓国向けビールの輸出金額は前年同月より99・9%減った。92・2%減だった8月よりさらに減少幅が広がった。日本のビールは韓国で人気が高かった。昨年9月の韓国向けビールの輸出金額は7億8485万円だったが、今年9月は59万円に激減。日本から韓国への輸出管理強化に反発し、韓国で高まる日本製品の不買運動が大きく影響したとみられる。

 

 ネット上では、「韓国では日本のビールは人気があると聞いていたが、もともとたった7億の市場だったんだね。報道するほどの話でもないな」、「先日の発表でビール4社の売り上げはいずれも10%以上の伸びだったとの事でした。韓国はそれほど重要な取り引き先ではないという事。出来れば0になっても良い」、「ラグビーW杯の特需でビールの売り上げが伸びている。ヨーロッパや南半球の国の人たちに日本のビールの美味しさを知ってもらったのは大きい。韓国の人は飲みたくなければ飲まなくていい。ダメージはありません」などの書き込みが。

f:id:imp0201:20191030173229j:plain

 また、「これを嘆くよりも、向こうが他に選びようがないから輸出が続いているモノを作っている所が、期待をせずに他の輸出先の開拓などをしていった方が良いと思いますね。もうそう言う相手なんだって認識が良いと思う。勿論、個人個人は良い人もいればそうじゃない人もいるって事で、個人間の交流は個人の判断で国関係なくやっていけば良いけど」、「コリアリスクは永遠に続きます。今これで大変な思いしている人は早急に韓国依存の脱却をしましょう何事もバランスよくかたよりすぎは危険です」など他国に輸出開拓を求める意見が目立った。