【スポンサーリンク】

DeNA・筒香が目指す未知の領域 バリー・ボンズと重なる理由とは

 「J.T. STRENGTH & CONDITIONING」の代表取締役社長として活動しているJ.T.(高橋純一)と申します。今回はDeNA・筒香嘉智選手についてお話しさせて頂きます。

 

 私はDeNAのファームチーフトレーナー(S&Cトレーニング担当)で2015年~2016年まで在籍していました。筒香選手は向上心旺盛な性格ですが、技術面においても精神面においても本当に凄い選手に成長したと感心するばかりです。当時筒香選手はウェイトトレーニングを介して身体の軸の意識、使い方のアプローチをしていましたが、今はしていないと聞いています。「筋肉をつける」、「体を鍛える」という概念から、より深く、シンプルな「体の軸をどう使ってどの部位をどう使うか」という考えにシフトしたのだと思います。技術、メンタル、フィジカルに加え、進化する過程で重視するようになったのが体の操作性だと思います。構えた時に体の軸がどこにあって右足に体重を乗せてインパクトするまで一連の動作でそのベクトルがどこに向くのか。端的に言うと、ボールが来たら軸回転でバットを出すことを追い求めているのですが、それを究極まで深く深く突き詰めているように感じます。

 

 筒香選手のインタビューを聞くと、打席に入る自分を別の角度から俯瞰して見ている印象を受けます。右半身、左半身、体の前後と3Dで自分の体を細分化して見ているような感覚と言ったらわかりやすいでしょうか。「自分の目指す打撃を説明するのが難しい」という言葉をよく使いますが、これは言語化するのが難しい感覚の世界だからだと思います。個人的にその姿が重なるのがメジャー歴代1位の通算762本塁打をマークした元ジャイアンツのバリー・ボンズです。ボンズはカラーバットを扱っているかのように軽くスイングしていとも簡単に球をとらえ、ピンポン玉のようにスタンドに運びます。

 

 パワー、スイングスピードもさることながら、バットを扱う体の操作性が他の選手と別次元のように感じます。筒香選手はボンズと比較するとまだ成長過程にあると思いますが、目指す打撃の方向性は似ているように感じます。これからどのように進化していくか、彼が突き詰めている野球道に目が離せませんね。

f:id:imp0201:20190305164759j:plain

高橋純一(たかはし・じゅんいち)  1976年8月18日、神奈川県横浜市生まれの42歳。MLBサンディエゴパドレスで通訳兼コンディショニング補佐を務めた後、千葉ロッテマリーンズ、ヤクルトスワローズ、DeNAベイスターズファーム等でチーフトレーナーとして活動。17年より独立。幅広いストレングス&コンディショニング領域をアレンジ、シンプル化させ、「俺、最高。」「やってみるをかなえる。」をキーワードに老若男女問わず、自分の肉体の可能性を高め、向上していくサポートを行う。コーポレートコンディショニングという企業のトレーニング意識を変えるコーチングも担う。 J.T. STRENGTH & CONDITIONING コーポレートサイト(http://www.jt-sc.com)