【スポンサーリンク】

岩手県で初確認されたコロナ感染者の「感染経路」に、驚きの声が

 新型コロナウイルス感染者が全国で唯一確認されていなかった岩手県で29日、初めての感染者2人が確認された。同県の発表によると、感染者は盛岡市在住の40代男性と宮古市在住の30代男性で、PCR検査で陽性と判定された。

 

 各メディア報道によると、盛岡市の40代男性は22日から関東地方のキャンプ場で東北以外から合流した友人3人と26日まで同じテントに滞在。キャンプ中から咳などの症状があった友人が28日に新型コロナウイルスに陽性と判定され、自らも岩手に戻った後にのどの違和感と咳の症状が出たため29日に盛岡市内の帰国者・接触者外来を受診し、感染していたことが判明した。

 

 コロナ感染が判明した40代男性の行動に、ネット上では「岩手県民です。感染した事を責める気は更々ありませんが、感染経路に対しては言いたい事が山程あります。感染をしやすい行動を多々して、感染しました!では洒落にならない。場所・同行者・濃厚接触の仕方、等々意識の低さが問題だと思います。接客や観光客に対応している多くの方々が大変な苦労をして努力しているのに、今回は唯唯残念な感染の仕方です」、「経路がなぁ。なんだかモヤモヤする。これでゼロのおかげで無事に通常通り小学校も行けていたけど、夏休み明けどうなることか。仕事休んで面倒みて、その分溜まった仕事を残業で処理。先が暗い。ゼロであることが開催条件の趣味のスポーツもこれで中止だし。実生活にまた制限が出ると、やりきれない。すいません、善人になるまで少し消化する時間下さい」というコメントが。

f:id:imp0201:20200526113147j:plain

 一方、「他の方も仰っているように、黙っていないでよく申告したと思います。これまで0人だっただけにとても勇気のいる行動だと思う。治療に専念してください」、「岩手県民です。正直な気持ちやっと出てくれたという気持ちです。しっかりと、情報を話してくれた感染した方には感謝しかないです。詮索なんてしませんし、今まで通りの感染対策をするだけらだと思っています。1人じゃなく、2人判明した事が救いのように思います」と感染した40代男性を擁護するコメントも見られた。