【スポンサーリンク】

自宅放火された男性が死去 強盗殺人で逮捕の女の「顔写真」に大きな反響が

 宮城県大崎市に住む無職の菊池稔男さん(72)の自宅が燃えて、岩崎さんの遺体が見つかった事件で、岩崎恭子容疑者(45)が強盗殺人と現住建造物等放火容疑で8月27日に逮捕さ事件は大きな反響を呼んでいる。

 

 メディア報道によると、岩崎容疑者は今年1月15日午前9時ごろに、菊池さんの家に火を放って菊池さんを焼死させた疑い。遺菊池さんは10年前から一人暮らしをしていたが、2年ほど前から岩崎容疑者が2年ほど前から菊池さんの家を訪れるようになった。また、菊池さんからの借金が総額1000万円にのぼっているという。

f:id:imp0201:20200518202553j:plain

 ネット上では、テレビや新聞で報じられた菊池容疑者の映像や顔写真に大きな反響が。「人を見かけだけで判断するな、というが、いかにもという人相だな」、「(首都圏連続不審死事件の)木嶋佳苗(死刑囚)にそっくりでびっくりした」などのコメントが。また、「金の切れ目が縁の切れ目とはよく言ったもんだが、こういう女とは最初から縁を持ちたくないな」、「1000万円も…事件の大半はお金のトラブルに端を発しているよね」などの指摘も見られた。