【スポンサーリンク】

作家の岩井志麻子氏が収録番組で「差別的発言」も意外に多い擁護の声

 関西テレビのバラエティー番組「胸いっぱいサミット!」で、作家の岩井志麻子氏が韓国人の気質について、「手首切るブスみたいなもの」と発言をしていたことが判明した。

 

 問題の発言があったのは5月18日の放送。慰安婦問題で2月に韓国国会の文喜相議長が上皇さま(当時は天皇陛下)に謝罪を求めたことについてスタジオで議論している時だった。漫才コンビ・ハイヒールのリンゴさんから「岩井さんは、ご主人が韓国の方ということで、韓国人気質というものは分かっている?」と聞かれ、岩井氏は「この間も言いましたけど、とにかく『手首切るブス』みたいなもんなんですよ。手首を切るブスという風に考えておけば、だいたい片付くんですよ」と発言。さらに、「(韓国が)『来てくれなきゃ死んじゃうから、死んだらあんたのせいだから』って言って、中国とか北朝鮮は『死ねば』と言っちゃうけど、日本は『そんなこと言うなよ、お前のこと好きなんや』」と述べ、その後の発言は効果音で消されていた。

 

 番組冒頭で岩井氏は「今日はなんでも言っていい日なんですよね、収録だから」と発言。生放送ではなく収録だったが、問題になった岩井氏の発言は編集でカットされなかった。

 

 「手首切るブス」というフレーズは過激な印象を受けるし、差別的発言に聞こえる。ネット上では「許されない発言」という指摘がある一方で、擁護の声が意外に多い。その理由は岩井氏の性格と夫が韓国人という境遇にある。「岩井さん、普段から本当に面白い人だよな~。岩井さんのご主人は韓国の方なのだから、そこまでの差別意識は無かったと思う、むしろ身近に感じているぐらいの立場なのでは」、「確かにこの言葉だけ切り取ると差別的。でも岩井志麻子さんを長く見ている人ならわかるはず。この方自身はけして差別的な人ではない。むしろ他人に振り回されず、自分の思想を押し付ける事もない、とても公平な方です」など韓国人に対して差別意識はなかったのではと指摘のコメントが少なくない。

f:id:imp0201:20190618164131j:plain

 批判の矛先は岩井氏より、関西テレビに向けられている。「(岩井氏は)問題発言とは言い難いしまさに絶妙な意見でもある。ただこのご時世を考えたときに編集では切るべき発言かなとは思う。このようなギリギリの発言をジャッジするP(プロデューサー)の腕の見せ所でもあるけど。できるPならカットにするだろうけど」、「これは岩井志麻子さんのせいではない。収録番組であることをわかっていて語った岩井さん。収録後に発言内容で問題があれば編集作業でカットする責任は関テレ。それをせずに流したのだから、当然関テレに非がある」などの書き込みが。生放送でなく収録であったと考えると、テレビ局の責任は重い。差別発言と捉えられる危険性を鑑みて編集でカットすれば、大きな問題にならなかったかもしれない。