【スポンサーリンク】

PCR検査巡る加藤厚労相の発言に憤慨した「あるタレント」に、大きな反響が

 タレントの石原良純が9日放送のコメンテーターを務めるテレビ朝日系報道番組「週刊ニュースリーダー」に生出演した。

 

 番組では、加藤勝信厚生労働大臣が8日に開いた記者会見で、新型コロナウイルスのPCR検査に向けた相談センターへの目安とされてきた「37.5度以上の発熱が4日」についての発言が話題に。

 

 これまでは、検査受診の目安について「37.5℃以上の発熱が4日以上続く」「強いだるさや息苦しさがある」などと示してきたが、会見で加藤厚労相は「目安ということが、相談とか、あるいは受診の一つの基準のように(とらえられた)。我々から見れば誤解でありますけれど…」などと発言した。

 

 加藤大臣の発言に、石原は「ニュースで一番驚いたのは、PCR検査の目安が変わって厚労大臣が、そんなの言ってないよって…そんなの言っていいの今更。ちょっとビックリしちゃった」と憤慨。さらにこれまでの目安となっていた「風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く」というについて、石原は「いやいやちょっと待って。これ言ったんだよね?だって厚労大臣は言ってないって言っていたじゃん。厚労大臣はこんなこと言ってないって」とまくし立てて突っ込んだ。司会の城島茂が「誤解という言葉は使っていましたけどね」と指摘すると、「誰が誤解したの」と憤慨していた。

 

 ネット上では、「これまでの石原良純のテレビでの発言で最良のもの。極めて真っ当でストレート、国民の気持ちを代弁する気持ちよいコメントだった。この人を少し見直した。それにしても無能無策に加えて無責任な厚労省と加藤厚労大臣の対応には怒りを通り越して言葉も出ない。安倍亡国内閣の総退陣を求める」、「目安を言ったが、基準は言ってない。また朝ごはん論法か。政府の発言は、どう受け止められて、どう運用されたかが重要なんです。少なくとも保健所の担当者は基準と受け止めて運用してきました。マスコミも検査が進まないのは、この基準があるからと伝えて来ました。そんなニュースも厚生労働大臣に入ってないのか、あるいは、それを見ないふりしているのであれば、為政者としてすぐ退場ですなど加藤大臣や任命責任のある安倍政権に批判のコメントが殺到している。

f:id:imp0201:20200425165446j:plain

 また、「まずいと思い始め、言葉の帳尻を変えたんだろう。安倍さんもよくやりますよね、ウルトラC級の異なる憲法解釈。権力者が責任逃れのためにやること。この『基準』で検査ができずに、たくさん死者が出ているんだけど、集団訴訟にもなりかねないからね。いきなり『目安』と言い始めたんだろうよ」という指摘も見られた。