【スポンサーリンク】

安倍首相辞任で、「ある女性議員」のツイートが炎上

 立憲民主党の石垣のりこ氏が28日、持病の潰瘍性大腸炎の再発を理由に辞任の意向を表明した安倍晋三首相について、「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」と自身のツイッターに投稿して怒りの声が殺到している。

 

 石垣氏はツイッターで「総理といえども『働く人』。健康を理由とした辞職は当然の権利。回復をお祈り致します」としつつ、「『大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物』を総理総裁に担ぎ続けてきた自民党の『選任責任』は厳しく問われるべきです。その責任を問い政治空白を生じさせないためにも早期の国会開会を求めます」と投稿した。

 

 この投稿が問題視されると、石垣氏は投稿の真意を尋ねる報道機関への回答文書をツイッターに掲載。「いかなる身体的特性、疾病があろうとも、『就労の自由』は基本的人権で絶対的に擁護されるべきもの。退職の権利も妨げられるべきものではない」と説明。「だからこそ、補佐する担当者を配置する、職務遂行に支障のない環境を整える義務が、職場側・選任側に発生する。しかし、自民党および政府は、『持病で職を辞す』という経歴をお持ちの安倍首相がその職責を十全に果たせるような措置を取らなかった」と、改めて政府・与党を批判した。

 

 しかし、「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」という表現への釈明や謝罪はなかったため、批判の書き込みが止まらず。石垣氏は28日深夜に「確かにこの箇所の表現に、疾病やそのリスクを抱え仕事をする人々に対する配慮が足りなかったと反省しおわびします」と投稿で謝罪した。

 

 ネット上では「石垣のりこ議員の発言はヘイトです。安倍総理に対する誹謗中傷であり障害者や病気を持つ方々に対する差別発言。到底許されるものではない。立憲民主党はどのような処分をするのか見ものですね」、「医療従事者です。石垣氏の発言は完全に病気を持っている人に対する差別以外ありません。病気を克服しても、ある一定の割合で再発はしてしまいます。石垣氏の発言は、病気を一度でもかかったことがある人は重職には就くなということ同じです。石垣氏ももしも今後何らかの病気になれば即やめるべきということになります。憤りしか感じません」など怒りの声が。

f:id:imp0201:20200712165317j:plain

 また、「国会議員というのは、なぜリコール(解職請求)ができないのだろう?こういう他人への礼節を弁えない人間に、国民の代表たる参議院議員の資格があるとは思えないですね?そう思いませんか、この議員を選んだ宮城県の皆さん」という指摘も見られた。