【スポンサーリンク】

新型コロナ感染で退院した石田純一の「あるメッセージ」に、怒りの声が殺到

 新型コロナウイルスに感染した俳優・石田純一(66)が13日、自身のブログを更新。きのう12日に退院したことを報告した。

 

 石田は「この度 私 石田純一が新型コロナウィルスによる肺炎に罹患したことで多くの方々にご迷惑をおかけし、不快な思いにさせてしまったことを深くお詫び致します。大変申し訳ありませんでした」と謝罪。続けて、「適切な治療と温かい看護のお陰です。本当に、本当にありがとうございました」と感謝を伝え「家に帰る私のこの第一歩は、世間的には取るに足らない小さな一歩でしかありません。しかし我が家にとっては、子供たちとまた人生を共にすることを許された大切な一歩です。そしてこうした無数の一歩がとてつもなく大きくなり、何らかの形で、近い将来このコロナ禍を鎮静させ克服することにつながっていくことを願わずにはいられません」と思いを吐露した。

 

 そして、「新感染症とのたたかいは、今回限りではないでしょう。未知との奮闘はこのあと何度も続くと思われます。とはいえこの度のパンデミックに対し、叡智と共に不退転の勇気で立ち向かわれた方々の、献身と成果がすでに快挙です」とした上で、「尊敬と感謝で、我々の記憶に永くとどめおきたいと思います」と述べた。最後に、「社会においては相当厳しい状況がまだ続きますが、みんなで心を寄せ合い 協力し合って何とか乗り越えたい、と決意を新たにしています。今後ともよろしくお願い申し上げます」と締めくくった。

 

 石田は4月10日に沖縄へ行き、翌11日に身体の異変を感じた。14日に病院で肺炎の傾向が見られたため入院となり、PCR検査を受けた結果、翌14日に陽性と確認された。その後、抗ウイルス薬「アビガン」を投与されて平熱に戻ったと、文化放送のラジオ番組で報告していた。

 

 ネット上では、「沖縄にゴルフしにフラッと旅行に行ってた人に協力し合うなんて言われたくないし、言える立場でない。子供や家族大事なら行くべきではなかったし、沖縄は病床少ないから、あれほど来ないでと言ってた!石田純一こんな人だと思ってなかった」、「どの口が言ってるのでしょうか。貴方の無責任で身勝手な行動により、沖縄の方々にどれだけの不安と迷惑を掛けたのか、本当の意味で解っているのでしょうか。予約キャンセル、風評被害、休業となったホテルの関係者、従業員、その家族。経済的な損失も大きいです。石田さんの口から出る言葉は、薄っぺらい綺麗事にしか聞こえません。本当に反省しているなら謝罪のみで結構」など石田のメッセージに怒りの声が殺到。

f:id:imp0201:20200513142611j:plain

 また、「これからという若い力士さんが亡くなる報を聞くと非常に寂しく悲しくなります。こう言ってはいけないかもしれませんが、女性とゴルフし、仕事といいながら、沖縄まで行きコロナ感染を撒き散らしたひとがのうのうと退院報告は非常に腹立たしく感じます。沖縄、飛行機会社、ゴルフ場いろいろなところに平気で迷惑かけたのに本当に世の中いやになります」というコメントも見られた。