【スポンサーリンク】

自民党総裁選に言及した石田純一の「ある発言」に、批判の声が殺到

 俳優の石田純一(66)が3日、木曜コメンテーターを務める文化放送「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!」に生出演。自民党総裁選をめぐる一連の発言が大きな反響を呼んでいる。

 

 総裁選は岸田文雄政調会長、石破茂元幹事長、菅義偉官房長官が出馬を表明している。石田は「コロナ禍で三密がいけないっていうけども、もう一つ加えて欲しいですね密室政治」。党員とかボトムからの意見とか入れての堂々の選出だったらいいんですけど」と注文。「いつぞや小渕(恵三)さんが入院して、お亡くなりになって。その後、森(喜朗)さんが選出された密室で決まった総裁選をちょっと連想させるのが残念ですね」と語った。

 

 「今回はですね、一応“暫定政権”の形を取っていると思うんですね。ただ、我々国民にとっては暫定政権はいらないと、本格的にちゃんとやってもらってそのうえで決まったならいいんですけどね。しかし、7年8カ月ナンバー2で実質仕切ってこられたという印象も強いですよね。総理大臣になってから変わった菅義偉さんを見せてもらえるのかなと小さな希望もあります」と熱弁した。

f:id:imp0201:20200906200631j:plain

 石田の一連の発言にネット上では、「こいつ、よくも人のことばかり批判できるな。ゴルフ問題の時も、謝罪に見せかけて世の中に文句言ってたし。暫く黙っとれ。嫁にさえ見放された奴の言葉など、誰も聞かぬよ」、「あなたも、本人は営業活動と言ってますが密室宴会してるじゃないですか?公党のトップを決める話です。あなたは私的な宴会での密、どちらの密が世の中にとってダメな密なのか考えればわかるでしょ?自民党の総裁選にクレーム付けるなら、党員になってから言えばどうですか?」など批判の声が大半を占めた。