【スポンサーリンク】

日本に金星献上も…敗戦後のアイルランドの姿勢に称賛の声が

 静岡のエコパスタジアムで行われたラグビーW杯1次リーグA組で番狂わせが起きた。地元開催の日本が世界ランク2位で優勝候補のアイルランドを19-12で撃破。アイルランドにとっては格下相手にダメージが残る敗戦だったが、試合後の立ち振る舞いに称賛の声が上がっている。

 

 アイルランドは12-3と前半途中まで主導権を握っていたが、湿気の高い気候で圧力、運動量と日本を下回るようになり、後半は防戦一方に。終盤のチャンスも自慢のFWも押し切れず後半は無得点と苦しんだ。

 

 下馬評ではアイルランドの圧倒的優位だったが、試合後に潔く敗戦を受け入れて日本の戦いぶりを称えた。世界的名将で知られるジョー・シュミットヘッドコーチは試合後の会見で、「日本のチームにまずおめでとうと言いたい。エネルギー、インテンシティーが素晴らしかった。日本が素晴らしく、勝ち切ることが難しかった」と祝福。

 

 主将のロリー・ベストも「厳しいゲームになると思っていた。日本のチームは優秀だった。勝った方がよかったが、日本のチームのいいプレーが出ていた。日本は本当によくプレーした。タフになるというのは分かっていた。この結果は残念ですが、日本チームが非常に強かった。今後はもっといいプレーをしたい」と振り返った。

 

 ネット上では日本の大金星に歓喜の声が殺到したが、アイルランドの姿勢にも称賛の書き込みが。「このインタビュー見たけど、まさに真の紳士という感じだった。負けて悔しいのに相手チームに敬意を示し、祝福のメッセージが送れる。ホントかっこよかった。ヘッドコーチもおめでとうと言ってくれた。負けた直後にそんなこと言えないと思うけど。心の広さの次元が違う」、「ラグビーは紳士でなければできないスポーツと言われていますが、その真髄をアイルランドチームは見せてくれたと思います。だからこそ日本チームも素晴らしい試合ができたのでしょう。両チームに感謝!拍手喝采を送りたいです。本当にありがとう!」などの意見が。

f:id:imp0201:20190928203137j:plain

 試合後には勝った日本のためにアイルランドの選手たちが花道を作る姿も。世界のトップチームはオフ・ザ・ピッチの姿勢も超一流だった。