【スポンサーリンク】

なぜ?井岡が日本人初の4階級制覇も、前妻の谷村奈南に大きな反響

 ボクシング元世界3階級王者のWBO世界スーパーフライ級2位・井岡一翔が19日の同王座決定戦(千葉・幕張メッセ)で同級1位アストン・パリクテ(フィリピン)に、10回TKO勝ちし、日本人初の4階級制覇の快挙を達成した。日本人単独最多世界戦通算15勝は歴史的勝利となり、日本国内だけでなく海外メディアもその快挙を称えている。ところが、ボクシング以外にも大きな反響が。井岡が歓喜の勝利から一夜明けた20日に都内で開いた会見で交際中の女性(31)との結婚を明言し、前妻の歌手・谷村奈南に大きな反響が寄せられる事態となっている。

 

 大手メディアの報道によると、井岡は会見の席で「試合が終わったら入籍しようと思っていた」と、交際中の女性(31)と再婚すること明言。8月下旬に誕生予定の第1子は男の子だと明かし、「名前の候補はあるけど、画数とかもあるので…」と語ったという。

 

 井岡と谷村は13年に出会って昨年5月に結婚。ところが夫婦生活が間もなく破綻して別居状態に。昨年11月11日に離婚した。結婚生活は1年半でピリオドを打ち、当時は「井岡のボクシング人生に悪影響を及ぼしている。別れて正解」など谷村をバッシングする意見が多かったが、わずか4カ月後の今年3月に井岡の交際女性の妊娠が発覚すると、風向きが変わった。

 

 井岡が20日に再婚を明言したことに、ネット上では谷村への「同情論」が噴出。「井岡はボクサーとしては素晴らしいけど、人としては尊敬できんな。時期を考えれば…ねぇ。谷村は井岡のことは忘れて、誠実で背の高いイケメンとでも再婚してほしいな」、「谷村さんよく今まで沈黙を貫いたな。言いたいこと山ほどあっただろうに。。ボクシングはすごいのかもしれないけど人として無理です。谷村さんが良い方と巡りあえますように️」など谷村に対する激励メッセージが殺到した。

f:id:imp0201:20190621104958j:plain

 一方で井岡を擁護する書き込みも。「井岡選手は、ボクシングの成長度と社会的常識度の乖離が大きい人ですが、それで良いと思います。真面目で常識的なプロボクサーはあまり魅力を感じられないから、リングを降りるまでこのままでやりきってください」、「叩く奴はただただ羨ましいから叩くだけ。本人達が離婚、再婚するのはそれがベストだと思ったからだろ。井岡はよく頑張っているし、今後も頑張って欲しい」などエールが。再婚の名言は賛否両論を呼ぶ結果になったが、もちろん4階級制覇の偉業は色あせない。これからも歴史に名を残すボクサーとして光り輝いてほしい。