【スポンサーリンク】

知的障害者に突き飛ばされた管理人が死亡 地裁判決に疑問の声が

 知的障害のある無職男性(当時42歳)が14年に大分市のマンション階段で、男性管理人(当時62歳)を突き飛ばした死亡事件で、管理人の遺族が監督義務違反を理由に男性の両親に計約5364万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が大分地裁で22日に開かれ、佐藤重憲裁判長は請求を棄却した。

 訴状などによると、男性は当時70代だった両親と事件が起きたマンションに同居。14年10月31日に男性の行方が分からなくなり、母親が管理人に依頼した。管理人は2階付近の階段にいた男性を発見。連れ戻そうとしたが、嫌がった男性に階段下に突き飛ばされた。管理人は脳挫傷を負って死亡した。

 

 知的障害がある男性の親へに対する損害賠償請求を棄却した大分地裁の判決に、ネット上では疑問の声が多い。「賠償を認めないという判決は問題だと感じる。親の監督責任も多少は有ると考える。亡くなった管理人は発見までし、家に連れ帰ろうとして居たわけです両親を呼びに言って居る間に居なくなったらばどうしようと考えて居たのではないだろうか。知的障害者は如何なる場合でも許されるのか…」、「この場合賠償が認められないのはかなり問題だと思いますよ。この判決が基準になってしまったら、今後同じように行方不明になった時に善意で手伝ってくれる人がいなくなりますよ。何かあったら自己責任として片づけられるのですから」、「法律的にはそうでも、世間の考えとは解離していると思う。こうなると、言葉は悪いけど、このような障害のある方は、施設内に常時留めておけとなってもしかたない」などの書き込みが。

f:id:imp0201:20190801204924j:plain

 また、「all or nothing の判決には疑問を感じる。障害者は成人だから親が100%の監督責任を負う必要はないと思うが、『行方が分からなくなった男性の捜索を母親が管理人に依頼』しているのだから、その依頼に答える過程で起きた事故については、一定程度の責任を負うべきと思う。請求額そのものが妥当かどうかは不明だが、例えば3割程度の金額分は、親として責任を果たすべき、という判決が出てしかるべきでは?」など男性の親が賠償額の一部を支払うべきという主張が目立った。