【スポンサーリンク】

韓国映画「パラサイト」が盗作疑惑で訴訟へ 中国で驚きの反響が

 韓国・中央日報は18日、第92回アカデミー賞で主要4部門を制した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」に対し、インドの映画製作者が「作品を盗作された」と訴訟する意向であると報じた。

 

 同紙によると、インドのTNN通信など現地メディアがインドの映画製作者、PLテナパン氏が「自分の映画がパラサイトに盗作された」として、訴訟の準備中であると伝えた。テナパン氏は、1999年に自身が制作した映画「MinsaraKanna」(K.S.ラビクマル監督)と構成面で似ていると主張。パラサイトがアカデミー賞4冠に輝いてから、SNSで「パラサイトとMinsaraKannaのストーリーが似ている」という投稿が寄せられるようになったという。

f:id:imp0201:20200115101842j:plain

 韓国のネットユーザーからは、「アカデミー賞受賞作の監督を傷つけるなんて名誉棄損だ」「パラサイトの人気に便乗したいの?」などと、怒りの声が。中国でも反響があり、「驚いた。インドの映画見たけどパラサイトと全然似ていないよ。これを盗作というのは無理がある」、「具体的にどこが盗作されたのか明示しないと説得力ないよ。売名行為だと思われても仕方ない」とインドの映画製作者に対して批判的な書き込みが目立った。