【スポンサーリンク】

今井絵理子議員が内閣府政務官に 女性有権者から「ある疑問」の声が

 自民党の今井絵理子参議院議員が、内閣府の政務官に内定したことを各メディアが報じた。今井議員は人気アイドルグループ「SPEED」の元メンバーで、16年の参議院選挙で比例区から立候補して初当選。当選1期のスピード就任できょう13日、女性活躍担当の内閣府政務官に正式に任命され、安倍内閣の一員となる。

 

 この驚きの人事に、批判の声が多い。特に「信じられない。安倍さんは何を考えているのか」と女性有権者から怒りの声が目立つ。背景には、自民党神戸市議だった橋本健氏との不倫疑惑を17年7月に週刊新潮で報じられた。今井議員は疑惑を否定したが、橋本は「概ね事実」と認め、「私自身の婚姻関係は破綻しているが、認識の甘さで軽率な行為をとってしまったと反省している」などとコメントした。

f:id:imp0201:20190913103940j:plain

 ネット上では、「安倍さんの考えが理解できません。女性に社会参画をアピールするための人事だったら不愉快です。今井さんは不倫の件も逃げ回って何も答えてないも同然だし、政治家としての実績もない。なぜこんな人を登用したんだろう」、「自民党は何を考えているの?今回の人事で失望しました。今井絵理子を登用して女性の有権者がどう思うか想像力を張り巡らさなかったんですか?立憲民主党や野党に期待していませんが、自民党も人材難がひどい」など批判の声が殺到。また、「女性からそっぽ向かれている今井さんが女性活躍担当って具体的にどんな仕事をするの?政治経験がまだ1年で、ずっと芸能人だった彼女に安倍政権は何を求めているの?」と疑問の書き込みも見られた。