【スポンサーリンク】

三浦春馬さんの急逝が影響か…「あるアイドル」が生番組欠席で誹謗中傷の声が

 乃木坂46の生田絵梨花が18日、TBS系で生放送された「音楽の日」の生出演を取りやめたことに心配の声が上がっている。同番組で、「パート・オブ・ユア・ワールド」を歌う予定だったが、生田は体調不良のため欠席し、代役として久保史緒里が出演した。

 

 生田は18日に亡くなった俳優・三浦春馬さん(享年30)と、今年3月に上演されたミュージカル「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド~汚れなき瞳~」(東京・日生劇場)で共演していた。三浦さんが脱獄した男で主演を演じ、生田は三浦さんをイエス・キリストだと信じる少女役だった。新型コロナウイルスの影響で、3月7日の初日から3月19日まで公演は中止。同20日から再開したが、28日までで再び中断。同日と翌29日は中止となった。

f:id:imp0201:20200527064508j:plain

 ネット上では「普段、超激務でも体調崩さない生田さんが…。相当ショックなんだろう。無理して番組出なくても、しっかり休んでください!今後の仕事・生活に影響なければいいが」と心配の声が。また、歌番組を欠席した生田に対して誹謗中傷のコメントも見られる。そのような書き込みに対し、「SNSで、生田さんに心ないコメントをしてる方がいたのですが、プロであろうと共演者が急に亡くなってしまったら辛く歌うこともできないですよね。そういう時は心を落ち着かせるために仕事を休んでもいいじゃないか。普段、ファンに夢見せてるんだろうから」、「なんか、『城田優は頑張って歌ったのに生田絵梨花は…』みたいな事を言ってるやつもいますが、こういうのが誹謗中傷ってわからないのかな」など心無い書き込みに自制を促す意見が目立った。