【スポンサーリンク】

池袋母子死亡事故 知られていない「真実」とは

 産経新聞によると、4月に池袋で乗用車が暴走して母子2人が死亡した事故で、警視庁交通捜査課が、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)を自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で来週中にも書類送検する方針を固めたことが報じられた。

 

 事故は4月19日に豊島区東池袋の都道で発生。自転車に乗った近所の松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)が死亡し、男女8人が重軽傷を負った。メディア報道によると、飯塚元院長は「ブレーキをかけたが利かなかった。アクセルが戻らなかった」などと説明していたが、車の機能検査で異常は確認されず。その後、「ブレーキとアクセルを踏み間違えた可能性もある」と話していた。

 

 ネット上では、「なぜ逮捕勾留されないのか?なぜ送検までこれほど時間がかかったのか?母子の尊い命が奪われた事件なのに…。税金を納めている都民としては、そのあたりを警視庁にきっちりと説明していただきたい」、「これは どう考えても納得いかない。普通に逮捕でしょう遺族が署名を集めないと 重刑できないのか。おかしいぞ!」、「これだけ時間がかかったことを説明すべきです。なぜ逮捕しないのか?」と事故から半年経過した現在も逮捕されないことに疑問の声が多い。

f:id:imp0201:20191025103911j:plain

 また、事故現場の様子を伝える書き込みが。「風化させてはいけない事故ですよ。あまり知られていない話だけど、事故現場の信号近くでは、今でもお供え物や花が添えられていて、事故から半年経った時には、第三者の事故に対する張り紙もあったりします。また、今でも通った際に手を合わせて冥福を祈る人は結構います」、「飯塚元院長は事故現場を見てほしいです。亡くなった松永さん親子のご冥福をお祈りしてお供え物が今も添えられている。忠は事故現場を通るたびに胸が締め付けられます。あんな凄惨な事故を起こして取り返しのつかないことをしたことに気づくと思います」などの訴えがみられた。