【スポンサーリンク】

池袋暴走事故 飯塚容疑者の「ある姿」に怒りの声が

 昨年4月19日に池袋で乗用車が暴走して母子2人が死亡した事故で、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)が写真週刊誌・フライデーに直撃取材された際の姿が大きな反響を呼んでいる。

 

 同誌によると、昨年12月下旬の朝9時半、飯塚容疑者が自宅マンションを出て、妻と共にタクシーに乗車。都内の病院に到着すると、タクシーを降りて歩行器にもたれかかりながら覚束ない足取りで歩いていたという。

 

 今回の暴走事故で松永真菜さん(当時31)と娘の莉子ちゃん(3)を失った遺族は7月に東京都千代田区の東京地検を訪れ、飯塚幸三元院長の厳罰を求める39万筆以上の書名と速やかな送検や起訴を求める要望書を東京地検に提出した。しかし、年が明けた現在も進展はない。

 

 ネット上では、「あれからたったの8か月しか経っていないのに、こんなにヨボヨボのおじいちゃんって。当時も今と差ほど変わらない状態だったのだろうと考えると、この状態でよく運転しようという気になるし、よく乗ろうという気になるなと疑問しかない。上級国民だか何だか知らないが、これで運転したのだから逃亡の可能性が無いと、どうして言えるのか」、「歩行器を使う人が車運転するって意味わからない。上級国民でしょ。タクシー慣れしてるでしょ?都会住まいでしょ。田舎に比べたら交通手段も沢山あるのに。被害にあった方が報われないです」など怒りの声が。 

f:id:imp0201:20200111190429j:plain

 また、「個人的には、ゴーンよりも沢尻よりも、この人の方が許せない。2人を殺し、悪質で、起訴すらされない。ゴーンに司法はおかしいと言われてもしょうがないと、個人的に思う」、「ようやく11月に書類送検だけされて、いまだに起訴されない。いくら高齢で通院してるなど、すぐに逮捕されなかった理由があるのもわからないではないが、何らかの上からの力が働いていると疑いたくなる。本当に日本の司法制度って大丈夫なの?現政権下で骨抜きにされてしまったのでは」と警察、検察の対応に疑問を投げかける意見も多かった。