【スポンサーリンク】

元モー娘。の市井紗耶香氏が参院選に出馬表明も、立憲民主に反発の声殺到

 元モーニング娘。の市井紗耶香氏(35)が26日に都内で会見を行い、来月の参院選に立憲民主党公認の比例代表候補で出馬することを表明した。

 同党の福山幹事長とともに真っ白なスーツ姿で登場した市井氏は、4児の親として「今の日本が子育て世代に温かいのか疑問に思います」と出馬の理由を語った。子育て支援政策の拡充や働く女性の育児・保育環境などについて母親の立場として政治を変革したい思いを明かした。

 市井は98年5月にモーニング娘。に加入。ショートカットにしたボーイッシュな容姿と明るいキャラクターで人気を集めた。00年5月にグループ卒業後も歌手やタレントとして精力的に活動。1度の離婚を経て、12年7月に知人の紹介で知り合った美容師と2度目の結婚をした。子供は一番上が14歳、一番下が2歳と4児の母として現在は子育てにも奮闘している。

 

 ただネット上では、市井を公認した立件民主党への批判の書き込みで埋め尽くされている。「元アイドルを担ぎ出す政党の志向が、判らない。これ以上国会議員の質を下げないで欲しい。立憲民主党は真剣に国のことを考えているのか疑問?誹謗中傷をするつもりはないが、今までタレント議員がどれだけ失敗をしてきたか、反省すべき。市井紗耶香さんも他の分野で活躍して欲しい。もっと有能な人が国政に臨むべきです」、「立民は票の獲得の為、政治とは全く無縁な人を何人か擁立するらしいけど、今井絵理子さんの件もあり、有権者は立民が考えてるより、厳しい目で見ていると思う」、「立憲にとって、逆効果では?比例区なら順位にもよりますが、立憲に票が入ればこの人が当選する可能性が高くなる。なら、立憲には入れない、となる。子育て支援の政策しか考えられない人に政治を任せようなんて思いますか?」などの指摘が。

f:id:imp0201:20190626200138j:plain

 市井は会見の席で当選した場合はタレント活動を休止して議員に専念することを宣言した。黒髪の薄化粧で覚悟を口にしたが、有権者の見る目は厳しい。野党の第一党として自民党と対峙する立憲民主党はこの逆風をはね返すことができるだろうか。