【スポンサーリンク】

茨城一家殺傷事件からまもなく1カ月…続報がパタリと止まった理由とは

 茨城県境町の住宅で夫婦が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件で犯人に関する続報がパタリと消えた。事件は23日未明に発生。この家に住む会社員小林光則さん(48)とパート従業員の妻・美和さん(50)が寝室の布団の上で顔や首を刺され、心肺停止の状態で発見された。中学1年の長男(13)も両足などを切られて重傷、小学6年の次女(11)は両手に軽傷を負った。1階で就寝していた長女(21)は無事だった。事件はまもなく発生して1カ月を迎えるが、犯人に結び付く有力な情報は報じられていない。

 

 犯人の動きをたどると奇妙な点が多い。メディア報道によると、スリッパで侵入して逃走。長男や次女に危害を及ぼしている時にサイレンの音がしたためにその場から逃走したという。ネット上では。「犯人は奥さんが電話をしたのに、何故直ぐに逃げなかったんだろう。子供を殺す訳でもないのに何をのんびりしていたのだろう。何で子供をわざわざベッドから下ろしたのだろう。下ろしたら抵抗力されたり逃げられたりするから、ベッドの上で襲う方がいいと思う。それから、パトカーの音が聞こえるまで犯人はいたのに、警察は犯人を見なかったのだろうか?ますます訳がわからなくなった」など疑問の書き込みが目立つ。

f:id:imp0201:20191010070258j:plain

 事件当初は犯人の足取りや家族の証言などが報じられたが、現在は続報が皆無の状況になっている。「捜査が難航しているんだろう。このまま迷宮入りしてしまうのか」と懸念する声が上がっているが、全く別の見方もある。「ある程度犯人の目星がついて捜査を進めているのではないか。犯人を獲り逃すとまずいから情報漏洩を防いで報道規制をしているのかもしれない」という分析も。家族や近隣住民は眠れない日々が続くだろう。一刻も早い犯人検挙を願うばかりだ。