【スポンサーリンク】

茨城一家殺傷 メディア報道に違和感の声…なぜ「ある証言」を報じない?

 茨城県境町の住宅で夫婦が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件でメディア報道のある違和感を指摘する声が出ている。

  

 事件は23日未明に発生。この家に住む会社員小林光則さん(48)とパート従業員の妻・美和さん(50)が寝室の布団の上で顔や首を刺され、心肺停止の状態で発見された。中学1年の長男(13)も両足などを切られて重傷、小学6年の次女(11)は両手に軽傷を負った。1階で就寝していた長女(21)は無事だった。

f:id:imp0201:20190925165521j:plain

 事件から4日経過した現在も犯人は捕まっていない。メディアは連日、犯人の侵入経路や事件の詳細を報道しているが、ネット上ではある違和感を指摘する声がある。「こういう事件の時、メディアは親戚に取材することが多いと思うんだけど、そういう話が全然出てこない。警察が取り調べしているということ?それなら『何も答えられない』とかでも伝えると思うんだけど」、「重傷を負った長男以外の証言が出てこないのが凄く不思議。犯人確保のために我々の知らない重要な情報が隠されているのだと思う」、「ニュースを見ていて不思議に感じる。家にいた長女の証言が出てこないし、怨恨の線で取材しているはずなのに親戚の証言も出てこない。何か報道が規制されて今は出せないという感じがする。犯人確保は近いのでは」など指摘の書き込みが。一刻も早い犯人逮捕を望むばかりだ。