【スポンサーリンク】

茨城一家殺傷事件 不審男の目撃証言に反応の声が

 4日放送のフジテレビ系「とくダネ!」で茨城県境町の住宅で夫婦が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件を特集した。

  

 事件は9月23日未明に発生。この家に住む会社員小林光則さん(48)とパート従業員の妻・美和さん(50)が寝室の布団の上で顔や首を刺され、心肺停止の状態で発見された。中学1年の長男(13)も両足などを切られて重傷、小学6年の次女(11)は両手に軽傷を負った。1階で就寝していた長女は無事だった。事件から10日以上が経過したが、犯人確保の一報は入っていない。

 

 番組では、美和さんの親族が事件前日か2日前に不審な男を目撃したことを明かし、と「白のマスクしていた。俺からみれば目つきはよくなかったな。きつい目だな」と証言した。男性は小林さん宅へ車で運転していた時に男とすれ違い、身長は170センチほど。黒っぽい服装でマスクをしていたという。また、別の住民も事件前に不審な男性を目撃したと取材に答え、「ほとんど黒に近かったんじゃないかな。ジャージみたいな感じのような気もするし。21日の土曜日ですね。夜10時前後だと思うんですけど、夜、暗いところを一人で歩いていることはほとんどないからね」と話していた。


 司会を務める小倉智昭キャスターはこうした目撃証言を受けて、「2日前ぐらいって言っていましたから、本当にこの人の犯行だとすれば計画的に下見をしていたということになるんでしょうね」と指摘した。

f:id:imp0201:20190925165521j:plain

 ネット上では、「この目撃者は暗い夜道ですれ違い様に、よく目つきまで分かるね。もしマスクの男性が犯人で下見をしていたのなら夜中に下見ですか。庭だけでなく家の間取りや夫婦の寝室まで把握していなければ出来ない犯行。夜中に家人がいるかも知れない家屋の下見をしたのですか。歩いていたということは車は離れた所に停めてあるか、あるいは目撃者の知らない近隣住民ということになるが」と目撃証言の信ぴょう性に疑問の声が。また、「事件が起きた後から考えるから、先入観が入ってしまい、思い出す人物らを能が勝手に脚色してしまうことがあると思います。犯人の手掛かりになればいいですが、この手の取って付けた感の思い出しは混乱させるだけでよくないかもですね。警察は独自である程度の犯人像を把握してることに期待したいです」、「まぁ常識的な話だがこういう後付けはどんどん脚色されていく。もちろん重要な証言である可能性だってあるし、普段人があまり通らないなら尚更ね。証言も『私から見たらきつい目』だし、そういえばあの家を見てたなとか、目を逸らしたなとか怪しいと思い始めたらいくらでも書き換えられていくこともあるからなんとも言えないよね」など懐疑的な見方が多かった。