【スポンサーリンク】

茨城一家殺傷 メディア報道の続報に「ある不安の声」が

 茨城県境町の住宅で夫婦が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件でメディア報道に対し、ある不安の声が高まっている。

  

 事件は23日未明に発生。この家に住む会社員小林光則さん(48)とパート従業員の妻・美和さん(50)が寝室の布団の上で顔や首を刺され、心肺停止の状態で発見された。中学1年の長男(13)も両足などを切られて重傷、小学6年の次女(11)は両手に軽傷を負った。1階で就寝していた長女(21)は無事だった。

 

 事件から6日経過したが、犯人確保の一報は入っていない。新聞各紙やテレビは犯人検挙に新たな続報を伝えているが、「包丁は自宅から持ち出していないとか、近隣住民が不審な人間を見たとか…おおよそ見当つくことばかり。犯人手掛かりの証拠が見つかっていないのかな」、「捜査が難航しているんですかね。なかなか目新しい情報が入ってこない。世田谷一家殺人事件を思い出してしまう」などネット上では不安の書き込みが多い。

f:id:imp0201:20190924051033j:plain

 一方で、「警察も重要な情報はマスコミに漏らさないでしょう。日本の警察は優秀です。聞き込み捜査や防犯カメラを解析して、ある程度怪しい人間を絞っていると思う」と分析する意見も。一刻も早い犯人検挙を願うばかりだ。