【スポンサーリンク】

茨城一家殺傷 犯人の行動で不可解な2つの「大きな謎」とは

 茨城県境町の住宅で夫婦が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件が23日に起きてから3日が経過した。犯人はまだ逮捕されていないが、その行動で不可解な2つの大きな謎が反響を呼んでいる。

 

 事件は23日未明に発生。この家に住む会社員小林光則さん(48)とパート従業員の妻・美和さん(50)が寝室の布団の上で顔や首を刺され、心肺停止の状態で発見された。中学1年の長男(13)も両足などを切られて重傷、小学6年の次女(11)は両手に軽傷を負った。1階で就寝していた長女(21)は無事だった。

 

 メディア報道によると、美和さんは犯人に襲われた際、自ら110番通報していたことが判明。その際に電話口では物が落ちる音も聞こえ、美和さんは自分の名前をかろうじて答えられるような取り乱した様子だったという。また、警察官が「救急車を呼びますか」と問いかけると、一度は「いらない」と返答。しかしその後に「やっぱりいる」と答えたという。

 

 また、犯人は凶行に及んだ際に家族が使用していないスリッパで家に侵入していたことが判明。血痕とみられるしみがついたスリッパは住宅から約20メートル離れたやぶの中で見つかった。県警は、容疑者がスリッパを履いて夫婦を襲った後、外に出た後に脱ぎ捨てて逃げた可能性があるとみてDNA鑑定などで調べる方針だ。

 

 ネット上では、「犯人の行動に納得がいかない。スリッパ履くか?靴のまま犯行に及ぶのが普通でしょ。後で処分すればいいだけ。110番通報させるか?刺した後で、結構な時間電話させている。普通は電話させないよ。警察来ちゃうでしょ。どうも、犯人は余裕があるみたいね。犯人の異常精神からくるものか?全て計画的なのか?真相が知りたい」、「2つの大きな謎が残る。犯人はなぜスリッパをはいたのか。靴の方が動きやすいし逃げる時も手間がかからない。あとはなぜ家族に110番通報させたのか。夫を殺すのに手間取ったとしてもそこそこの時間、妻に電話させている。妻の遺体も布団の上にあるというのもおかしい。電話した後にその場で殺して布団に運んだということ?そんなことする必要がある?本当に謎が多い事件」などの書き込みが。

f:id:imp0201:20190920165024j:plain

 靴で犯行に及ぶのが不都合な事情があったのだろうか。また、美和さんが警察に110番通報していたことに気づかなかったのか。気づいていたが黙認して話をさせたのか。凄惨な事件で、犯人の2つの異常な行動が大きな謎に包まれている。