【スポンサーリンク】

ある韓国人アスリートが日本で根強い人気 「受けた恩は一生忘れない」の声が

 女子プロゴルフツアーの「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」最終ラウンドが兵庫県のマスターズGCで行われ、首位から6打差の4位タイで出た柏原明日架(23)がスコアを6つ伸ばし、通算14アンダーで逆転優勝した。ホステスプロのイ・ボミ(31)は通算13アンダーと柏原に1打及ばず2位に。約2年ぶりの優勝とはならなかった。

 

 久々の優勝で復活劇とはならなかったが、日本でも絶大な人気を誇る韓国人ゴルファーの振る舞いはさすがだった。メディア報道によると、記者の前に現れたボミは開口一番「みんな応援してたでしょ? ありがとございます」と笑顔を見せ、場をなごませたという。「すごく集中できて、楽しかった1週間でした。今日ボギーがなかったのは良いプレーをした結果」と手応えを口にした。

f:id:imp0201:20191007111915j:plain

 日韓関係が悪化の一途をたどっているが、女子プロゴルフ界を盛り上げてきたボミに対する日本人の視線は温かい。ネット上では、「韓国人選手でボミちゃんだけは応援したいね。復活優勝にあと一歩だったけど頑張って欲しい」、「この人が頑張ると、日本の女子ゴルフ界は盛り上がるよね」、「震災後、日本の女子プロ界を盛り上げてくれたのは韓国勢です。多額の寄付もしてくれた。日本人なら一度受けた恩は忘れない」など激励のメッセージが多かった。