【スポンサーリンク】

百田尚樹氏が「池袋暴走事故」で炎上覚悟のツイートに賛否両論の声   

 

 構成作家の百田尚樹氏(63)が24日に自身のツイッターを更新。87歳の男性が運転する乗用車が暴走し、自転車で走行していた31歳の女性と3歳の娘が死亡したほか男女8人が重軽傷を負った19日の池袋の暴走事故に言及した。

 

 百田氏は「炎上覚悟で言う!」と前置きした上で、「ほっといてももうすぐ死ぬジジイが、若い母親と幼子の命を奪い、家族を悲しみの淵に叩き込んだ! ジジイにもムカつくが、こんなジジイから免許を取り上げなかった嫁や息子にも怒りがおさまらん」と運転手の家族にも責任があると指摘。「百田さんも年齢的にジジイなので、もちろん免許を持っていないか、自主返納してますよね!どうなんですか?」という質問のツイートには、「そうですね。私はどこへ行くにも車で、自分で運転しています。63歳の現在、まだ運転能力は落ちていませんが、もしかしたら若い時と比べて、反応速度や判断力や注意力は落ちているのかもしれません。 同乗者の嫁さんや息子に指摘されたら、免許の返上を真剣に考えます」と綴った。

 

f:id:imp0201:20190425194049j:plain



 今回の百田氏のツイートについて、「百田さんの発言はストレートですが、周りを気にして、言えない人の心の叫びを代弁して貰ってると自分は思っています。75才以上は自動ブレーキ義務化と思ってましたが、心臓発作やてんかんなどを考慮すると、早急に国内の自動車の自動ブレーキを義務化する必要があります。免許の自主返納に賛同する声が少なくない」とSNS上では共感の声が多い。一方で、「擁護する訳ではありませんが事故は起こしたくて起こすものではありません、事故後の対応を見るとまだ頭もかなり回る、老人ドライバーばかりがクローズアップされているけどそれは別に普通のドライバーも起こす可能性があるものだと思います」と反論の意見も。百田氏の発言は過激な言い回しかもしれないが、今回の池袋の事故で妻と子供を失った夫や親族の悲しみは計り知れない。再発防止のためにも議論を積み重ねる必要はあるだろう。