【スポンサーリンク】

自粛無視してGW沖縄に6万人…社員旅行のホストの「ある発言」に怒りの声が

 沖縄の玉城デニー知事が26日、ツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が呼びかけられているにもかかわらず、ゴールデンウイーク期間中の観光客が6万人いることを明かし、沖縄への旅行自粛を呼びかけた。

 

 玉城氏は「今年の大型連休に沖縄へ来る予定の方が航空会社の予約によると6万人余いるとのこと」とツイート。「残念ですが沖縄は非常事態宣言の体制で充分なおもてなしは到底できません。離島を含め医療体制も非常事態です。どうか今の沖縄への旅はキャンセルして受け入れ可能な時期までお待ち下さい。stayhome weekして下さい」と訴えた。

 

 ネット上では、「沖縄は一時的に『出かける場所』であって『暮らす場所』じゃないから、石田純一然り無責任なことができるのでしょう。沖縄県民がこれまで自粛してきた努力をかき乱し台無しにする人たち。水着で歩き回りスーパーで買い物をする観光客を見たことがあります。そこで暮らし人生を送る人々がいることは目に入らないのでしょうか…」、「この時期、旅行に行こう。と思う人は自分は感染してないから大丈夫。自分は感染しないから大丈夫。だと思っているのかな?もしもの時はどーするつもり?」など批判的な書き込みが。

f:id:imp0201:20200427065701j:plain

 また、東京・歌舞伎町で働くホストが社員旅行で「満喫します!」と沖縄に行くことをツイッターで報告したことに、「何を考えているのか。迷惑だから沖縄に来ないでください」、「満喫しますじゃねーよ。自分だけ良ければいいって考えが腹が立つ。だからホストっていう職業の風当たりが強いんだよ。家から出るな」など抗議のリプライが多く寄せられていた。