【スポンサーリンク】

小池都知事がスーパー入店規制検討で、「あるタレント」の発言に怒りの声が

 ホリエモンこと実業家でタレントの堀江貴文氏が23日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染は収束しない中で、東京都の小池百合子知事が商店街やスーパーの混雑を解消するため入店制限を検討していることを批判した投稿が大きな波紋を呼んでいる。

 

 小池都知事は22日、買い物に行く人数の絞り込みや時間帯を分けるなど都としてのルールを23日に発表。人が集まるのを避けるため「時間帯を分けたり、家族の中で代表1人を決めたりするなどルールを厳しめに設けることが必要だ」と強調。同日午後にも公表する方向で調整を進めている。

 

 堀江氏はスーパーの入店規制が検討されたことを報じる記事を引用し、「マジでこいつクソの極みだな。自粛厨の言いなり」と小池都知事を痛烈に批判。ネット上では、「いや、今までなぜ誰も指摘しなかったんだろうくらいの混雑ぶりだった。外国ではスーパーでは入場制限されていたりお年寄りだけ入れたりする時間を設けるなどした対策をしている。小池さんは大都市の長として当たり前の事を言っていると思うが」、「スーパーは混む時は本当に混むし、保育園も自粛の今、一人でお留守番がまだできない子供たちを連れて行かざるを得ない家庭もたくさんあります。在宅ワークをしていても混んでない時間にいく調整が難しい人だっています。営業するな、行くなと言っているわけではない。自粛厨のいいなり、とかでなくこれ以上感染を広げないためにバランスをとるための対策だと思いますよ。なんでも自粛とぶった切らないでください」など小池都知事を擁護する意見が殺到した。

f:id:imp0201:20200423111331j:plain

 また、「堀江さんは、あー言えばこー言う。ホント、人のやってる事、努力してる人の事、試行錯誤してもしかして無駄かもしれないけどがんばってる人の事をいちいちうるさい男。みんなこんなの初めての事で何が正しいかわからないけど、出来るだけの事をして頑張ってるのに、まるで答えを知ってるかのようにシャットダウンしようとして、なんなんだこの人は。本当に引っ込んでてください。邪魔です」、「自分の意図と反する人に対して、『クソだ何だ』ってチンピラのお兄ちゃんが言うような物言いは、不快感を与えているだけ。堀江さんは、それが狙いじゃないの?物事はもっとシンプルに考えようよ。感染リスクの高い密集場所で買い物をするのが良いかどうかなんて子供でもわかること。今はみんなで工夫して感染拡大を防ごうよ」と堀江氏に不快感を露わにするコメントも目立った。